学校教育目標 及び 学校経営方針

学校教育目標 及び 学校経営方針

令和2年度 学校教育目標 及び 学校経営方針

1 学校教育目標【目指す子供像】「心豊かに伸びる子」

    ・やさしい子  

    ・考える子   

    ・元気な子   

    合言葉 「明るい笑顔 輝く瞳 光る汗」

2 学校経営方針

  • 基本的生活習慣の定着      時を守り、場を清め、礼を正す      
  • 自ら学び、自ら考える力の育成  
  • 豊かな人間性の育成      
  • プロ意識の醸成
  • 積極的な学校情報の公開   
  • 学年経営の充実     
  • 新学習指導要領の確実な実施 
  • 業務改善の推進 
  • コミュニティー・スクールの組織と運営の充実

3 目指す学校像

①   児童が「小針小で学んでよかった」と言える学校

②   保護者が「ぜひ小針小で学ばせたい」と言える学校

③   地域の方が「小針小なら協力したい」と思える学校

④   職員が「小針小で働いてよかった」と思える学校

4 目指す教師像

  1. 子供の心に寄り添う教職員
  2. 子供、保護者、地域の方から信頼される教職員
  3. 研修に励み、専門性を高める教職員
  4. 授業を大切にし、職務を遂行する教職員
  5. 和と協力を大切にする教職員

5 本年度の重点目標

(1)凡事徹底「当たり前のことが当たり前にできるように」 

  • 「無言清掃」の実行
  • さわやかな挨拶と元気な返事の徹底
  •  靴のかかと揃えの確実な実行

(2)学力向上「主体的に考える力の育成及び基礎基本の定着を図る」

  • 1時間1時間の授業を大切に (「主体的・対話的で深い学び」のある授業)
  • 国や県、町の学習状況調査の分析・活用→学力向上プランの見直し・実行
  • 家庭学習の習慣化(10分×学年を目安)
  • 読書の習慣化(年間最低20冊)
  • 学力向上プランの見直し・実行
  • 学校課題研究の推進

(3)体力向上「体を鍛える」

  • 体育の授業時の運動量の確保
  • 休み時間の外遊びの奨励
  • 保健、安全、食育指導の充実

(4)豊かな心の育成「心を磨く」「絆を深める」

  • いじめの早期発見・早期解消、不登校児童の減少
  • 道徳の授業の充実・「考え、議論する道徳」への授業の工夫・改善
  • 豊かな体験活動の実施(敷地内学校ファームの実施等)
  • 子供と教師の信頼関係に基づく学級経営の展開
  • 一人一人の児童理解

 (5)コミュニティ・スクールの円滑な運営:三者連携(家庭 地域 学校)

  • 学校だより、ホームページの充実、メール配信の活用
  • 授業参観、個人面談、学校公開、保護者説明会の有効活用
  • 学校運営協議会の活用

 (6)新学習指導要領の確実な実施

  • 横断的な学習や地域人材の活用
  • 特別の教科 道徳、外国語活動・外国語科(3~6年生)の確実な実施
  • 外国語活動・外国語科の授業の充実と学校全体における環境づくり
  • プログラミング学習の確実な導入

 (7)業務改善の推進

  •  業務改善推進委員会(カエル会議)の実施
  •  業務の具体的な改善策構築・実行
  •  児童に向き合う時間の確保
  •  心身ともに充実した教職員が、児童のために生き生きと働く職場つくり
TOP